煎茶の淹れ方    抹茶入玄米茶の淹れ方 
     
玉露+煎茶の淹れ方    水出し煎茶 
     
まるごと飲む抹茶入り玄米茶の淹れ方    


 煎茶 (3人分)  用意するもの

○急須・湯飲み茶碗
○大さじ又は、計量スプーン
 

@沸騰したお湯180ccを3人分(60cc)
 に分けて茶碗に注ぎ、約70〜80℃に
 なるまで冷まします。
 (湯温は器を移すたびに約5〜10℃
 下がります。)


*1人でお飲みになる場合はお湯60cc

 
A急須に茶葉を大さじ山盛り2杯(10g)
 程度入れます。

B湯冷ましした茶碗のお湯(約70〜80
 ℃)を急須に入れます。
 

Cふたをして30秒〜45秒程度
 待ちます。
 急須の中で茶葉がお湯を吸って
 緑黄色に変化してゆきます。

Dお茶を急須から茶碗に回し注ぎ
 をして、濃さが均一になるように
 します。
 最後の一滴まで絞りきるように
 淹れて下さい。
 二煎目以降は、お湯の温度を
 少し上げて待つ時間を短くし、
 一煎目と同様に回し注ぎをし、
 絞りきって下さい。
 
   


抹茶入玄米茶  (3人分)  用意するもの 

○急須・湯飲み茶碗
○大さじ又は、計量スプーン
 

@急須に茶葉大さじ山盛り2杯(10g)
 程度入れます。

Aポットから急須にお湯を入れます。

Bお湯を入れた状態で約30秒程度
 待ちます。
 

C濃さが均一になるように、煎茶
 同様回し注ぎをして、お茶は最後
 の1滴まで絞り切ります。
 


玉露+煎茶  (3人分)  用意するもの 

○急須・湯飲み茶碗
○湯冷まし又は、マグカップ
○大さじ又は、計量スプーン
 

@沸騰したお湯60〜70ccを湯冷まし
 から急須に入れます。
 さらに茶碗に注ぎ、約40℃(人肌程
 度)〜60℃になるまで冷まします。

A急須に茶葉大さじ山盛り2杯(10g)
 程度入れます。

B湯冷ましした茶碗のお湯約40℃(人
 肌程度)〜60℃を急須に入れます。

Cふたをせずに、茶葉の動きを眺めて
 ください。
 

Dお湯を注いで1分ほどすると茶葉
 がお湯を吸って、うす緑色に変化
 してゆきます。出し頃は1〜2分
 位です。

Eお茶を急須から茶碗に回し注ぎ
 し濃さが均一になるようにします。
 二煎目以降はお湯の温度を上げ
 て待つ時間を短くします。
 三煎目も十分おいしくいただけま
 す。
 


水出し煎茶  (2人分)  用意するもの 

○大きめの急須・コップ
○大さじ又は、計量スプーン
 

@大きめの急須に茶葉大さじ山盛り
 2杯(10g)を入れます。

A急須に水をたっぷりと注ぎます。
 

Bそのまま3〜4分間待ちます。

Cコップ2つに均等に注ぎます。
 氷を入れますとなお一層おいしく
 召し上がれます。
 


まるごと飲む 抹茶入り玄米茶 

ホットの場合
 お1人分は、付属の計量スプーン
 1盛りの粉末量を目安に湯飲みに
 入れ、お湯を注げば出来上がりです。
 

コールドの場合
 冷水の入った麦茶器やペットボト
 ル等にお好みの量の粉末を入れ
 シャカシャカ振って出来上がりで
 す。
 粉末量は、容器280mlに対して
 計量スプーン1盛り、500mlは
 2盛り、1000mlは3盛り程度が
 目安ですが、お好みに応じて、
 増減してお楽しみ下さい。
 


1つ前のページへ 

HOMEへ